IT転職IT求人セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、インターネットを介した情報攻撃や漏洩を防ぐことを専門とするIT技術者のことです。インターネットの急速な拡大に伴いハッキングなどのサイバー犯罪が増大したことで、セキュリティエンジニアという専業分野が確立されました。システムの開発から運用に至る各段階でそれぞれ異なった需要と業務形態があり、セキュリティエンジニアという枠の中でさらに業種を細分化することもあります。

セキュリティエンジニアにはどうやったらなれる?

セキュリティエンジニアという職種自体が明確に定義づけられているものではないため、一概にこれをすればなれる、という方法論はありません。情報セキュリティに関わる仕事をしている人、と言う他にないのが現状です。情報セキュリティを専門に扱う企業ではIT系知識がないままでセキュリティエンジニアの肩書きで働ける場合もありますが、現状多くのセキュリティエンジニアはSEなどのIT業務経験を経て成っている場合が殆どです。サイバー犯罪の傾向や対策に精通すること以前にITに関しての深い知識を持っていることが前提条件ですので、IT技術力、セキュリティに関する情報分析力、顧客とのコミュニケーション能力が必要といえるでしょう。

鷲頭教授の「お仕事のミソ」

IT転職IT求人
悪い話では無いと思うのだ獅子山君!
IT転職IT求人
な、何ですかいきなり、いよいよボケたんですか?
IT転職IT求人
うむ、獅子山君はセキュリティエンジニアに向いているのではないかと思ってね。今日はその話をしたいと思っているのだよ。
IT転職IT求人
ほう、セキュリティエンジニアですか。つまり企業の情報を守ることを仕事とする人のことですよね。
IT転職IT求人
その通りだが、実際は様々な活躍の場があり、今後も需要が増え続けるIT業界の上がり株的職種でもあるのだ。昨今、多くの企業がセキュリティに関して非常に神経質になっている。最近でも某大手メーカーの顧客情報が流出したり、国の機関がハッキングされたりと、大規模なサイバー犯罪をニュースなどでも見かけるね。
昔は例えそういう被害を受けたとしても、セキュリティ設備への投資と比較すれば安い被害額だった場合が多いから、セキュリティエンジニアの需要は無く、その存在も必要なかった。しかし企業や機関のネット依存度が高まり、ネット上に置かれる情報の質と量が圧倒的に増大し、それに比例してサイバー犯罪の質と量も高まった。個人情報保護法など法的整備の拡充も相まって、セキュリティエンジニアは今も供給不足感があるほど需要のある職種なのだ。
IT転職IT求人
おお、時代の先端をいくカッコいい職業って感じですね!キッチュでトレンディなミーに相応しいお仕事な気がするざんす。具体的にどんな仕事をすれば良いんですか?
IT転職IT求人
ふむ、システム開発の段階ごとに分けて考えてみよう。
IT転職IT求人
一つのシステムを企画から運用までの段階で見た場合、このような業務にセキュリティエンジニアとして携わることができる。「運用」における業務をイメージしやすいかと思うが、セキュリティコンサルタントといって情報管理の方法を企画する人もいれば、セキュリティに特化して設計や開発を行う人もいる。いずれにせよ、ITに関する基礎知識はシステムエンジニア並みになければ務まらないから、前職でSEなどを経験していた人がなることが多いね。
IT転職IT求人
えっ、それじゃあ僕は今すぐセキュリティエンジニアにはなれないですね…。トレンディを極めるには長い道のりになりそうだ…。
IT転職IT求人
そうだな、そしてITの基礎知識を学んだ上で必要なのは、

「ハッカーとしての技量」

だ!ハッカーからの攻撃を想定して業務を行うのがセキュリティエンジニアというもの、ゆえに必然的に「ハッキングの手口」を心得ておく必要があるのだ。ハッキングというものは日々新たな手法が確立され、その防衛策を作るのにイタチゴッコだ。自分がハッカーになったつもりでそのシステムの弱みを見つけて対策案を立てられる、流行を追いつつその流行を止めるためのセンスが必要だね。
IT転職IT求人
なるほど、セキュリティエンジニアになるためには、ITの技術力、ハッキングの分析力が必要ということですね!
IT転職IT求人
そうだな、あとは一定レベル以上の英語力も必要だろう。サイバー攻撃は世界中のどこからでも来る、その対策を立てるにはどうしても英語で書かれた資料を調べる必要があるからね。
IT転職IT求人
ほげっ?!そ、それはヤヴぁイなりぃ…。ちょっと今から英語ドリル買って英語力を高めようと思います
IT転職IT求人

Oh, how sweet you are!




IT仕事図鑑


















スキルシート管理